たんぱく質で暑さに負けないからだを作る!ドライカレー風ゴーヤチャンプルー

カレー風味でスパイシー☆ひき肉×豆腐で夏の暑さに負けないからだをつくるレシピ

動物性と植物性のたんぱく質を同時に摂ると、たんぱく質が体内で活用されやすくなります。
ひき肉と豆腐を使ってしっかりたんぱく質を摂り、体力をつけて夏の暑さに負けないからだを目指しましょう。
ゴーヤ料理にカレー風味が加わると、苦みを感じにくくなり、スパイシーな香りに食欲がそそられます。
豆腐を細かくそぼろ状にすると、ひき肉とのまとまりがよくなって、ドライカレーのような印象に。

栄養成分(1人分)

エネルギー442kcal
たんぱく質27.8g
脂質34.9g
炭水化物9.0g
食塩相当量1.3g

材料(2人分)

牛豚合いびき肉120g
木綿豆腐150g
ゴーヤ1/2本
赤パプリカ1/2個
ホールコーン25g
サラダ油大さじ1

A

カレー粉小さじ2
大さじ1
しょうゆ大さじ1/2
少々
粗びき黒こしょう少々

作り方

1. 豆腐はキッチンペーパーで包んで耐熱皿にのせ、ふんわりとラップをかけて電子レンジ(600W)で2分ほど加熱して水気をきり、一口大にちぎる。ゴーヤはワタと種を取って薄切りにする。パプリカは細切りにする。

2. フライパンにサラダ油を入れて熱し、ひき肉を加えて色が変わるまで炒め、1.とコーンを加え、豆腐を崩しながら炒める。

3. 2.Aを加えて炒め合わせる。

 

カレー風味が加わることで、ゴーヤの苦みを感じにくくなります♪

管理栄養士・料理家 ひろのさおり

監修

管理栄養士・料理家/株式会社セイボリー代表取締役
ひろのさおり

大学院在学中にフリーランス管理栄養士として開業し、レシピ開発や執筆業、出張料理サービスなどに携わる。 大学院修了後は、特定保健指導員、セミナー・料理教室講師としても活動を広げ、2020年に法人成りし、株式会社セイボリーを設立。主な事業はレシピ開発の他、調理器具や健康食品、料理・ヘルスケアサービスの監修やコンサルティングなど。 著書に「小鍋のレシピ 最新版」 ( 辰巳出版 ) 。日経xwoman プロジェクトアンバサダー。1児の母。

トップへ戻る↑