おいしくエイジングケア!牛肉とピーマンの中華風トマト炒め

2022年2月7日

牛肉とピーマンの中華風トマト炒め

リコピンの吸収率アップ!おいしくエイジングケアできるレシピ

トマトのリコピンには強い抗酸化作用があり、体内の活性酸素を除去するので、老化防止に役立ちます。

また、リコピンは加熱しても分解されにくいどころか、むしろ加熱によって吸収率UP!

油にも溶けやすく、油と炒める調理法ではさらに吸収率アップが期待できます。

栄養成分(1人分)

エネルギー446kcal
たんぱく質22.8g
脂質31.1g
炭水化物17.9g
食塩相当量2.1g

材料(2人分)

牛薄切り肉200g
ピーマン3個
トマト小3個
ごま油大さじ3
片栗粉適量
塩・コショウ適量

A

しょうゆ小さじ2
オイスターソース大さじ1+1/2
すりおろしにんにく小さじ1/2

作り方

1. 牛肉は塩・コショウで下味をつけ、片栗粉を薄くまぶします。

2. ピーマンはへたと種を除いて乱切りに、トマトはくし切りにします。

3. フライパンにごま油をひき、牛肉の色が変わるまで炒めます。

4. ピーマンを加え、しんなりしたらトマトを入れてさっと炒めます。

5. あらかじめ混ぜておいた〈A〉を回し入れ、手早く混ぜたら完成。

このレシピに使うトマトは硬すぎず、軟らかすぎないものを選びましょう♪
トマトを加えたらあまり混ぜすぎないように☆

管理栄養士・料理家 ひろのさおり

監修

管理栄養士・料理家/株式会社セイボリー代表取締役
ひろのさおり

大学院在学中にフリーランス管理栄養士として開業し、レシピ開発や執筆業、出張料理サービスなどに携わる。 大学院修了後は、特定保健指導員、セミナー・料理教室講師としても活動を広げ、2020年に法人成りし、株式会社セイボリーを設立。主な事業はレシピ開発の他、調理器具や健康食品、料理・ヘルスケアサービスの監修やコンサルティングなど。 著書に「小鍋のレシピ 最新版」( 辰巳出版 )。1児の母。

トップへ戻る↑