肌老化の8割は紫外線!?「シミ・シワ・たるみ」本格対策

紫外線というとギラギラした日差しが照りつける夏のイメージが強いかもしれませんが、実は5~6月もしっかりと対策をとる必要があるのです。最も強いのは8月ですが、紫外線は3月から急上昇し、5月からはピーク時の9割に達する紫外線量が地上に降り注いでいます。

01. UV-AとUV-B、日焼けの違いは?

すぐに目には見えないが、じわじわ老化を引き起こす《UV-A》

紫外線の中で最も波長が長く、肌の表皮を超えて真皮まで届き、じわじわと吸収される。
短時間で見た目の変化は起きないが、太陽光線の影響で引き起こされるシワ・たるみの原因になる。重度のダメージを受けるとセルフケアで治すことは困難に…。

短時間で赤くなり、シミやそばかすを引き起こす《UV-B》

紫外線の波長が短く、その大半が肌の表皮で吸収される。短時間で肌に赤み・炎症が起こりやすい。
その炎症から肌を守るためにメラノサイトが黒い色素、メラニンを放出します。ところが、過剰に日焼けするとメラニンが大量に作られ、シミ・そばかすなどの原因に…。

02. 肌老化の原因の8割は紫外線!!

加齢による自然老化はたったの2割。「シミ」「シワ」「たるみ」といった老化原因の8割は紫外線によるものです!

03. 教えて!意外と知らない美容キーワード

黒くなりやすい人はこれ!

シワ・たるみ予防はPA(= Protection grade of UVA)

UV-Aから肌をどのくらい防御できるかを表す指標。「+」の数が多いほど、UV-Aの防御効果が高くなります。

PA+ UV防止効果がある
PA++ UV防止効果がかなりある
PA+++ UV防止効果が非常にある
PA++++ UV防止効果が極めて高い

赤くなりやすい人はこれ!

シミ・そばかす予防はSPF(= Sun Protection Factor)

UV-Bから肌をどのくらい防御できるかを示す数値。SPF1につき、約20分間UV-Bを防ぐことができます。

〈何も塗らなかった場合 〉 20分ほどで日焼けしてしまう
〈SPF10を塗った場合 〉 10×20分=約200分間は
日焼けから守ってくれる!

シーン別に使い分け、肌の負担を減らしましょう!

室内 SPF15前後 / PA++
屋外での軽いレジャー SPF20~35 / PA+++
強い紫外線下で長時間 SPF30~50 / PA++++

04. おうちでの紫外線対策できていますか?

UV-Aは窓ガラスやカーテンをすり抜けて肌に届いてしまうため、在宅ワークやステイホームの日も、紫外線対策は必要です。また、日光を見ただけでも脳は光に反応し、メラニン生成が開始されます。おうちの中でもしっかり対策をしましょう。

日焼け止めを塗る
肌に負担の軽いもので十分!UV-Aを防ぐ効果の数値を表すPA値を参考に選びましょう。
窓にUVカットフィルムを貼る
水で簡単に貼れるタイプもあります。
断熱効果のあるものだと冷暖房の効きも違うので、省エネ・節電にも◎!
UVカット素材の部屋着を用意
ボディは日焼け止めよりも、UVカット衣類を主体に紫外線対策するのが良いでしょう。クーラーでの冷え対策にも◎!
正しくスキンケアを行う
しっかり保湿をして肌のバリア機能を整えることで、ダメージを受けにくい肌作りができます!毎日欠かさずケアしましょう♪

肌の老化原因の8割だなんて、紫外線って恐ろしい…
でも逆にいえば、完璧な日焼け対策で老化の大半は防げるってこと!!
面倒くさがりな私もスプレータイプの日焼け止めを使ったり、朝晩UVケアしてお肌のコンディションを整えています♪

トップへ戻る↑