元日本代表マラソンランナーが語る、豊潤サジーの魅力

2022年5月17日

トップアスリートを引退されても有森さんが輝き続けるワケ

元日本代表マラソンランナー 有森裕子さん

かつて日本代表マラソンランナーに抜擢され、引退後もスポーツ界で活躍を続ける有森裕子さん。
トップアスリートとして活躍された有森さんに、豊潤サジーや食事、健康についてお話しいただきました。

豊潤サジーには自然の恵みのエネルギーが詰まってる!って感じがしました。

豊潤サジーを初めて飲んだときの印象はいかがでしたか?

クセになりますよね。アジアの市場で売られている果物とか食材が強烈な匂いがするんですよ。
でもすごく栄養価が高いんですよね。
サジーの香りにも自然を思いっきり浴びたような、エネルギーが詰まっている!って感じました。

豊潤サジーですごく前向きなイメージがひろがりました!

豊潤サジーについてどう思いましたか?

単にビタミンが多いとか、美容にいいよっていうものであれば気にならなかったんですけど、自分が一番大事な時期に苦労した鉄分が豊富に含まれていると聞いて興味が湧きました。

ランナーにとって鉄分ってすごく大事なんですが私は少なくて…。
日常的に食事で摂るのがとても大変で、本当に何から摂ればいいんだろうってすごく悩んでいました。
せいぜいヒジキとかほうれん草、レバーしか思いつかなくて本当に苦労したんですよ。

若いアスリートたちが健康的に走っていけるイメージが浮かんだんです

鉄分を補うために最後は鉄剤で対処するしかないほどまでになりました。
もちろん化学的に作られたドリンクはありましたけど、ちゃんと自然のものから栄養を摂りたいなと思うじゃないですか。だからこそすごく興味が湧いたんです。

これから若いアスリートたちががんばっていくのに、自然の食品からきちんとからだを作っていって、健康的に走っていける…そのイメージが浮かんだんですよ。
すごく前向きな想像が一気に思い浮かんだのがこのサジーに惹かれた一番の理由です。

サジーのような素晴らしい栄養素を持ったものに出会えるのは、本当にラッキー

どんな方に豊潤サジーを紹介したいですか?

今、スポーツ界において女子のアスリート、特に長距離、マラソン選手の体調管理ってすごく大変なんです。

アスリートも低年齢化してきていて、体重を気にしつつ、健康管理することが大事です。
その中でやはり《きちんとしたからだ》をつくるには、《きちんとした大地で育ったもの》をからだに入れることがすごく大切なんです。

豊潤サジーを求めている人は多いと思います

でも、情報やモノが追い付かず、頼らなくていいものに頼りがちになる流れが割とあって。
だから中学、高校、大学と、からだを作らないといけないときにサジーのような、自然からの素晴らしい栄養素を持ったものに出会えるのは、本当にラッキーなことだと思います。早く誰かに話したくなりました。

教えたい人がいっぱい浮かんだくらい、求めている人が本当に多いと思いました。

有森さん、本日は貴重なお話をありがとうございました!


元日本代表マラソンランナー

有森 裕子さん

1966年岡山県生まれ。バルセロナオリンピック、アトランタオリンピックの女子マラソンでは銀メダル、銅メダル。2大会連続のメダル獲得という日本女子陸上初の快挙を成し遂げる。2007年プロマラソンランナーを引退。現在は、国内外のマラソン大会などへの参加、解説のほか、国際オリンピック委員会(IOC)スポーツと活動的社会委員会委員、認定NPO法人「ハート・オブ・ゴールド」代表理事を務めるなど多岐にわたる分野で活躍中。

トップへ戻る↑