貧血予防!菜の花と卵のからしマヨ和え

記事公開日:2023年7月28日

効率よく鉄分補給!

菜の花には鉄分や葉酸が多く、貧血予防に効果的な食材です。

たんぱく質豊富な卵と一緒にとることで鉄の吸収が高まります。

栄養価(1人分)

エネルギー182kcal
たんぱく質9.9g
脂質14.0g
炭水化物4.1g
食塩相当量1.2g

材料(2人分)

菜の花100g
固ゆで卵2個
塩・こしょう少々

A

マヨネーズ大さじ1+1/2
しょうゆ小さじ1/2
からし小さじ1/3

作り方

1. 菜の花は根元を切り落とし、幅2cm程度に切る。

茎の部分と葉の部分に分ける。

2. 鍋に湯を沸かし、茎を入れて30秒間加熱する。

葉の部分を加えてさらに1分ほど茹でる。

ザルに上げて冷まし、手で絞って水気を切る。

3. ゆで卵は6~8等分に切る。

4. ボウルにAを入れて混ぜ合わせ、菜の花とゆで卵を加え、さっくりと混ぜ合わせる。

仕上げに塩・こしょうで味を調える。 

菜の花の水気はしっかり切りましょう!

プロフィール

管理栄養士・料理家 ひろのさおり

監修

管理栄養士・料理家/株式会社セイボリー代表取締役
ひろのさおり

大学院在学中にフリーランス管理栄養士として開業し、レシピ開発や執筆業、出張料理サービスなどに携わる。 大学院修了後は、特定保健指導員、セミナー・料理教室講師としても活動を広げ、2020年に株式会社セイボリーを設立。主な事業はレシピ開発の他、調理器具や健康食品、料理・ヘルスケアサービスの監修やコンサルティングなど。 著書に「小鍋のレシピ 最新版」( 辰巳出版 )。1児の母。

トップへ戻る↑