SDGsをナビにして 地球上の限りある資源を守るために

おサジちゃん!フィネスが「こども食堂」に豊潤サジーと玉ねぎを寄付する活動をはじめたよ!

こども食堂?

「こども食堂」は地域の子どもたちに無料または低額で温かい食事と居場所を提供するところだよ!

なるほど!私たちも何かお手伝いできないかしら?

こども食堂についてみんなに知ってもらうお手伝いなんてどうかな?まずは詳しい方にお話を聞きに行こうよ!

こサジとおサジは福岡県大野城市を中心にこども食堂を運営・サポートしている認定NPO法人「チャイルドケアセンター」の大谷様を訪ねました!

認定NPO法人「チャイルドケアセンター」大谷理事

こども食堂は温かく楽しい食事ができる居場所

大谷理事、今日はよろしくお願いします!

まずは「こども食堂」について詳しく教えてください!

「こども食堂」は子どもたちが安心して来ることができて、温かくて楽しい食事ができる『居場所』のようなものです。
貧困家庭の子どもに食事を提供する場所と誤解されることが多いですが、本来は、子どもが一人で食事する孤食を防ぎ、さまざまな人たちの多様な価値観に触れながら「だんらん」をする『居場所』のことなんですよ。

お子さん以外にもこども食堂に行けるのでしょうか?

地域の「居場所」としての役割も担えるように、子どもだけでなくご両親も一緒に来ることができます!
食堂での活動以外にも、折り紙をしたり、一緒にお米を炊いたりなど様々な経験ができるような活動を行っています。

活動の様子

地域の方やボランティアが協力して運営

こども食堂の運営はどなたがされているんですか?

地域の方たちやボランティアの方々です!

では、どのように運営されているのですか?

企業様や一般の方々からいただいた食材や寄付金を活用して運営をしています。寄付していただいた食材を活かせるようなメニューをいつも考えています。

地域の方やボランティアの方々

寄付される食材はお野菜やお肉、消耗品までさまざま

どんな食材が寄付されているんですか?

地元の農家さんからの新鮮なお野菜や、企業様からのお肉、他にもしょうゆや味噌などの調味料やカレー粉、ふりかけ、パスタ、ジュースなど様々なものを寄付いただいています。また、食品だけでなく消毒用のアルコールや洗剤など、食品衛生消耗品なども寄付いただいているんですよ。

さまざまな種類の寄付があるんですね!特にどんな食材があると助かりますか?

どんな食材でも大変うれしいですし、子どもたちも喜んでくれています。
強いて言うなら常温で保管できて、長持ちするお野菜がとても助かっています。
お肉などの要冷蔵品を優先して冷蔵庫に入れているため、どうしてもお野菜の保管できる場所が限られているんです。そのため、様々なお料理に使えて、かつ常温で保存しても長持ちするお野菜がとても助かりますね。

フィネスが寄付した豊潤サジーと玉ねぎ

さいごに

フィネスが寄付している玉ねぎは常温で保管ができるし長持ちするからピッタリなんだね!

寄付が子どもたちに喜んでもらえてうれしいわ!

フィネスは多くの子どもたちに笑顔が届けられるように、今後もこども食堂への支援を行っていきます!

大谷理事、今日は貴重なお話ありがとうございました!

トップへ戻る↑