「人生終わった…」と思ったヨガ講師である畑田さんが、豊潤サジーで気づいたこととは?

福岡市でヨガスタジオを経営しているヨガ講師の畑田由規子さん。
ご自身が経営するヨガスタジオだけでなく産婦人科の院内でマタニティヨガのレッスンを行うなど、とても溌溂と元気に活動している畑田さんですが、数年前突然の不調におそわれ、健康であることが何より幸せなことだと実感させられたそうです。
そんな畑田さんに豊潤サジーを飲み続けている理由を聞いてみました。

突然のからだの異変を感じて…

私がヨガを始めたきっかけは「いつまでも健康で、元気でいたい」という誰もが思うことで、特別な考えはありませんでした。
そんな中、私のからだに異変が現れました…。
からだ全体が重たく、どんよりしたため病院へ行きました。

たくさん落ち込んで、大泣きして、スッキリ現状を受け入れられるようになりました。

病名は聞いたことはあるものの不安で、家に帰りパソコンで調べてみると・・・
「あ~人生おわったな」と心の中でつぶやきました。

当時3歳だった息子をもう抱っこも出来なくなるのかと落ち込みました。
一週間家族に涙も見せず、たくさんのことを考えました。

そして、自分から抱っこしようとしなくても、息子から来てくれる、生きていればと思うことで大泣きも出来たし、心晴れやかに現状を受け入れることが出来ました。

豊潤サジーと出会い、元気になれる自分を考えられるように。心から感謝しています。

現在、息子は8歳です。家族や友人に支えられ、今ありがたいことにほぼ回復しています。

健康が何よりも大切で幸せだということをあらためて実感しました。
豊潤サジーと出会い、絶対私に必要なものだと思いました。今以上に元気になれる自分を考える事も出来て、とても楽しみです。今後も豊潤サジーを飲んでいきます。心から感謝しています。

トップへ戻る↑