簡単作り置きおかず「ぶりカツ」

ぶりカツ

ぶり料理のマンネリ化を解消★

簡単に下味がつけられるお手軽さに加え、冷蔵で4日間、冷凍で3週間と日持ちもばっちり♪

照り焼きや煮物など、ぶり料理がマンネリ化してきたらぜひお試しを!

材料

ぶり(切り身)4切れ
薄力粉適量
溶き卵1個分
パン粉適量
揚げ油適量

A

50cc
麺つゆ50㏄
おろし生姜小さじ2

作り方

1. 〈A〉をボウルなどに入れ、混ぜ合わせる。

2. ぶり1枚を半分の大きさに切り、〈A〉に漬け込んだら冷蔵庫で30分ほど置く。

3. ぶりの表面の水分をキッチンペーパーで拭き取り、薄力粉→溶き卵→パン粉の順に衣を付ける。

4. [ 2 ]を170℃に熱した油に入れ、ぶりに火が通るまで両面こんがりと揚げる。

管理栄養士・料理家 ひろのさおり

監修

管理栄養士・料理家/株式会社セイボリー代表取締役
ひろのさおり

大学院在学中にフリーランス管理栄養士として開業し、レシピ開発や執筆業、出張料理サービスなどに携わる。 大学院修了後は、特定保健指導員、セミナー・料理教室講師としても活動を広げ、2020年に法人成りし、株式会社セイボリーを設立。主な事業はレシピ開発の他、調理器具や健康食品、料理・ヘルスケアサービスの監修やコンサルティングなど。 著書に「小鍋のレシピ 最新版」 ( 辰巳出版 ) 。日経xwoman プロジェクトアンバサダー。1児の母。

ぶりを使ったその他のレシピ

ぶりと里芋の塩生姜鍋

トップへ戻る↑